生活習慣病とは

生活習慣病とは

加齢とともに成人期になる病気で多いのは、糖尿病、高脂血症、動脈硬化、高血圧などですが、従来、これらの病気は「成人病」と呼ばれてきました。

しかし、半健康人から半病人という長い時間を経て、本当の病人の状態へと進んでいく過程において、個々の努力によって生活習慣を変えれば、病気が発症しないように予防できるであろうという一次予防の観点から、1996年に「生活習慣病」と総称するようになりました。

生活習慣病は大きく4つに分けることが出来ます。

■食習慣が要因となるもの
2型糖尿病、肥満、高脂血症状、高尿酸血症、循環器疾患(心筋梗塞/脳梗塞等)、 大腸ガン・歯周病

■運動習慣が要因となるもの
2型糖尿病、肥満、高脂血症状、高血圧

■飲酒が要因となるもの
アルコール性肝炎

■喫煙が要因となるのもの
肺扁平上皮ガン、循環器疾患、慢性気管支炎、肺気腫、歯周病

生活習慣病の内、2型糖尿病、高脂血症、動脈硬化、高血圧は、特に食習慣や運動習慣との関係が深く、糖質と脂質の代謝異常が病気の発症基礎となっているのが共通です。

さらに、気をつけなければならないのは、生活習慣病は個々に発症もしますが、お互いに関連し合う(マルチプルリスクファクター症候群)場合も多く、たとえ各々の症状が軽くても幾つも重なり合うことによって、循環器系の病気(心筋梗塞・脳梗塞など)へのリスクも高めることです。


 

サイトマップ