メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは、お腹周りが太くなる「内臓脂肪型肥満」に加えて高血糖、高血圧、脂質異常の内、いずれか2つ以上を合わせもった状態をいい、本人に自覚症状はありませんが、動脈硬化を急激に悪化させます。

メタボリックシンドロームは、不適切な食生活、運動不足、飲酒、ストレス過剰、喫煙など不健康な生活習慣を続けていることによって起こります。

太りぎみ、中性脂肪値がちょっと高め、HDLコレステロール値がちょっと低め、血圧がちょっと高め、血糖値がちょっと高めの人は生活習慣病予備軍ですので、この時点で、生活習慣を改善して、さらに進ませないことが大変重要です。

特に、肥満は脂質異常症や高血圧、高血糖を引き起こす要因になるだけでなく、過剰な脂肪そのものから健康を害する物質を分泌しているので、肥満自体が一つの病気でもあります。

その結果、虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症など)、脳卒中(脳出血、脳梗塞など)、糖尿病の合併症(失明・人工透析など)といった重症化や合併症を引き起こす可能性があり、半身の麻痺、日常生活における支障、認知症などの生活機能の低下や要介護状態に陥ることも考えられます。


 

サイトマップ