ウォーキングの効果

ウォーキングの効果

ウォーキングは、どんな年齢の人でも手軽に始められる運動の一つですが、色々工夫することによって、趣味としても長く楽しく続けることが出来ますし、多くの効果を得ることができます。 ■減量効果
ウォーキングは沢山の酸素を使うため、脂肪の燃焼には効果的な運動です。内臓脂肪を効果的に減らす目安としては、30分以上のウォーキングを週5日行うことです。

■生活習慣病の予防効果
血圧や血糖、中性脂肪を下げ、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やす効果があります。さらに、骨粗しょう症の予防や、足腰の筋肉を維持して腰痛解消にもつながります。

■全身の血液循環がよくなる
ウォーキングは全身の血液の巡りを良くするため、肩こりや冷え症の解消にもつながります。

■ストレス解消、睡眠改善、リフレッシュ効果
ウォーキングは気分転換にもなり、自律神経を整える効果があるため、ストレス解消に効果的です。また、疲れた体を程よく動かすことによって疲労解消を促し、よりよい睡眠につながります。

目的によってコツや方法が異なりますので、目的に合わせて効果的に行いましょう。


 

サイトマップ